Search
Search Menu

ウェディングドレス

結婚式において、最も大切なもの。それは、花嫁を鮮やかに彩るウェディングドレス。女の子の憧れですよね。すっきりと見せるAラインにお姫様気分を満喫できるプリンセスタイプ、大人の女性が着こなすマーメイドタイプのドレスなどなどいろんなタイプがあります。
貴女はどんなドレスをお好みでしょうか。いまはネット上の色んなサイトで体型別やデザイン、その他いくつもあるキーワードから、運命の1着を見つけることができます。ただし注意したいのは、式場によってはウェディングドレスを個別に用意した場合、持ち込み料がとられることです。場所によっては5万円以上することも。式場を決める時、ドレスをネットで探す時にはその点に注意しましょう。
またネットで色んなドレスを比べられて便利ですが、買う前には実物を見て試着すべきでしょう。安いものなら1万円からありますが、何度も買う物ではありません。せっかくの想い出にケチをつけないよう、賢く選びましょう。

試着は必須

ウェディングドレスは何度も着るものではありませんが、どこかのセレブのごとくオーダーメイドするのは、乙女の夢かもしれません。しかし、いくら安くなったとはいえ結婚式や披露宴にはお金がかかりますし、新婚旅行やその後の生活の為のお金も確保しておかねばなりません。展示即売会のイベントなどで、お得な値段で素敵なものが見つかる可能性もありますから、色々探してみましょう。
ウェディングドレスにはヴェラ・ウォンやグレースコンチネンタルなどの人気ブランドがあり、エンパイアやロングトレーンなどのデザイン、キュートなもの、またはセクシーなもの等選ぶポイントはいくらでもあります。大切なのは、予算の上限を決めておくこと。「こうなりたい」というイメージ。そして自分にはどのデザインと色柄が似合うかを見極める事です。探す時には漫然と探すのではなく、それらの条件に合わない物は最初から見ず、数点ピックアップした後は実際に店舗で試着してみましょう。