Search
Search Menu

タキシード

タキシード

結婚式で新郎が着用する衣裳の中で、一番基本的なのはタキシードです。他にはモーニングコートセレモニースーツブラックスーツなどもありますが、やはりタキシードが無難で定番でしょう。そしてタキシードも、ジャケットの丈が短めのものから長めの丈まで種類は様々にあります。どのようなタキシードを選ぶかは結婚式の主役である花嫁さんのドレスとの兼ね合いもありますが、タキシードにどんな色があるかをご紹介しましょう。
まずはホワイト系。ウェディングドレスと同じく、タキシードでもホワイト系は人気があります。真っ白なタキシードなど普段の生活では着る機会が中々ありませんから、最初は違和感を覚えるかもしれません。しかし、顔を明るく見せ、ベストやシャツ、タイのカラーなどメリハリをつければ非常に華やかになりますから、おすすめです。ホワイト系よりトーンを抑えて華やかにしたいのなら、光沢感のあるシルバー系も人気のカラーでお勧めです。

タキシードのカラーバリエーション

礼服としての定番カラーはブラック。タキシードでももちろんあります。ただしせっかくのハレの衣装なのですから、ジレーやシャツの色に明るめにして、華やかな印象を与えましょう。もちろん、結婚式のコンセプトや雰囲気に合わせてコーディネートをも大事です。
華やかな衣裳が苦手な方におすすめなのが、シルバーよりもマットカラーのグレーです。またグレーのタキシードなら、カジュアルなガーデンウェディングなどのパーティにもマッチします。デザインに気をつければお呼ばれの時にも使えます。
また結婚式は、昼間と夜のどちらに行われるかによってタキシードのタイプが異なります。昼間の時間帯に行われる結婚式での衣裳はモーニングコート。夜間に行う結婚式の場合は、白と黒でコーディネートされたタキシード、もしくはジャケットの後ろが長いデザインのテールコートの着用が多いようです。どれを選ぶにせよ、ウェディングドレスとバランスを合わせましょう。