Search
Search Menu

ヘアメイク

ヘアメイク

意外かもしれませんが、結婚式に万全の態勢で臨み、プロにお願いしたにもかかわらずヘアメイクを失敗してしまうことがあります。
結婚式場では提携している業者やヘアメイク担当者がいる所がほとんどですが、自分のお気に入りのスタイリストがいる場合は外部依頼で対応できるか、確認しましょう。結婚式場によっては外部委託をすることができないところもありますので、結婚式でのヘアメイクを自分のお気に入りの人もしくは気になるスタイリストにお願いしようかと考えている方は、結婚式会場探しをするのと並行して探し始めるようにしましょう。また、外部へ委託する場合はいわゆる「持ち込み料金」がかかる会場も多いので、事前に会場に確認をしておくようにしましょう。
おそらく一生に一度の、大切な結婚式です。後で写真を見て後悔しないように、自分のイメージにピッタリなヘアメイク、花嫁である貴女の個性を表現し、より美しく見せるヘアメイクを選びましょう。

イメージ通りのヘアメイクも決まった。スタイリストさんも見つけた。会場との折衝もOK 。でも、それで終わりではありません。ヘアメイクの事前リハーサルは必ず行うようにしましょう。
ヘアメイクのリハーサルでは、次の3点に注意をするようにしましょう。

  1. イメージ画像や雑誌の切り抜きを持参する。イメージ画像を担当者に見せることで、ヘアメイクさんに自分がなりたいイメージを伝えやすくなります。
  2. 当日に使用する小物を持参する。ヘアアクセサリーやネックレス、イヤリング等の小物は持参して実際にヘアメイクと合わせてみるとイメージが湧きやすくなります。可能であれば、レンタルする予定のウェディングドレスの試着も一緒に行えると完璧です。それが難しい場合は、試着した際の写真を撮っておき、持参するようにしましょう。
  3. 自分のこだわりや意見をしっかりと伝える。主役は貴女です。変に気を使わず、可能な限り希望するスタイルに近くなるように話し合いましょう。